2019年*あけましておめでとうございます

こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

 

 

「紅茶の楽しみ方は十人十色、お茶は暮らしを楽しむエッセンス」をモットーに、紅茶&日本茶、お茶の魅力や楽しみ方をギュっとお伝えしております☆彡

 

 

 

ティーアドバイザー&日本茶アドバイザー小林です。

いつもご訪問ありがとうございます。

(Private Blogは、アメブロにてつづっております⇒

あけましておめでとうございます!2019年幕開け

2019年になりましたね。今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

紅茶教室ティースタイルとして、今年も、「紅茶と日本茶の本質的な魅力を楽しくわかりやすく発信、お伝えしていく。」を更なる目標として、「お茶」を通じて皆さんにとっての心地いい毎日の過ごし方をご提案していきます!

 

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

「お茶飲む毎日って何だかちょっといい感じだな~」

 

と、楽しみながら、体感していただける教室として、気軽にご参加いただければ幸いです。

 

 

さて、今年の大福茶は、鹿児島茶の「すすむ屋茶店自由が丘」にて購入したお茶です。

o1132082214330595006

今年、2019年のラッキーカラーが「赤」「白」「ゴールド」なので、あえてこのノリタケのカップにたっぷりと注いでみました。

 

 

 

 

アツアツに淹れたコクもある大福茶。

 

 

 

普段、私は、あまり飲まない玄米茶なのですが、邪気を払い一年の幕開けにふさわしい大福茶として飲むと、背筋がぴーんと伸びる感じできりっとします。

 

 

おせち料理やお汁粉など、甘いものが多いお正月ですので、きりっと渋めなお茶ってリセットされてほっとしますね。

 

 

しなやかに・・を『めあて』に!

去年は、なんだかあっという間に時が過ぎ去ったなあと痛感しているので、今年、2019年はもう少し時間の使い方を見直しながら、要不要の精査、自分にとって必要になってくるもの、自然の心地いいものをきちんと見極めていきたいと思います。

o1616108014330598533

常にHAPPYでありますように。

 

 

 

「何事も本質を見極め、ぶれずに流されず。でも、時には風に身を任せてみる。」

緩やかにしなやかさを身に付けていきたいものです。

 

 

 

と、1年の所信表明!(笑)

 

 

きっちりとした「目標」としてしまうと、なんだか疲れちゃうので(できなくなる・・・)あくまでも、「めあて」としていきたいなあと考えてみました。

 

 

 

 

 

 

今年も茶縁も大切に、様々な偶然&必然にも感謝しながら、

お茶の持つ魅力のひとつである「柔軟性」、お茶のようにしなやかに柔軟に過ごしていく1年にしていきたいなあと思います。

 

 

 

ステキな健やかな1年でありますように。

 

 

 

最後までご一読くださりありがとうございます。

Tea for your happy days!!

 

 

 

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo で検索してみてくださいね!

 

 

 

 

教室概要・講師紹介・メディア掲載について⇒「教室概要

レッスン内容・日時など詳細⇒「レッスンスケジュール」でご確認いただけます!

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627

2018年新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

2018年、今年も東京世田谷の紅茶教室ティースタイルをどうぞよろしくお願いいたします。

 

いつもご訪問ありがとうございます!

 

今年も紅茶&日本茶の楽しみ方をティースタイルらしい視点で幅広くお伝えしていきたいと思います。

特に紅茶は、まだまだ敷居の高いもの、キラキラ系だけかな~と誤解されがちですが、本当はとっても身近なものなのです。

 

自分だけのとびきり極上ティータイムを送れるような、そんなヒントになることをどんどんお伝えしていきますね。

 

 

身近な紅茶で気取らず気軽な癒しのティータイム。

「紅茶の楽しみ方は十人十色」をモットーに、紅茶の基本や奥深さを様々な側面からお茶の魅力をお伝えしております☆彡

IMG_20180102_100113_343

 

 

新しい1年がスタートしました。

2018年も皆様にとっても幸多き1年、実りある1年となりますように。

 

 

さて、毎年元日に飲むお茶は「大福茶」ですが、

今年の大福茶(おおぶくちゃ)は、今大人気の東京青山の「桜井焙煎研究所」さん製。

贅沢な気分で新年スタートをいたしました。景気づけ、大事ですもんね。

 

「大福茶」とは?

 

無病息災を願う、邪気を払うお正月に飲まれる縁起物のお茶です。

 

所説は様々ですが、

「大福茶」の起源は平安時代、京の都に疫病がはやった時に、空也上人がお茶を人々に施したところ、疫病がおさまったとされることから由来。
その功徳にあやかり、村上天皇が毎年元旦にこのお茶を服すようになり、これを「王服茶」(「皇服茶」など)と呼ぶようになったそうです。

 

王が服する→王服茶(おおぶくちゃ)→福がくるお茶→大福茶
という縁起物ですね~。

 

梅や昆布がはいったり、玄米茶や煎茶ベースで、黒豆、栗(勝栗)が入ったりと、お茶屋さんによって作り方はさまざまです。

 

(櫻井焙煎研究所さんの大福茶は、栗、梅、黒豆、昆布など入っておりました。)

 

いつも京都一保堂さんの大福茶や昨年は、鹿児島のすすむ茶屋さんの大福茶にしてみました。

と、大福茶もさまざまですので、お気に入りを決めるのもよし、毎年、試してみるのも良しですね。

 

 

【追記・オマケ記事】

大晦日にローストポークづくりをしました。お正月お料理に加えております。

ハーブソルト&ペッパーに、幸せのお茶「まちこ」もお肉にすり込んで低温でオーブン調理。

オーブン入れっぱなしでOKですので、忙しい時には助かります。

「まちこ」は、桜のような香りがする煎茶なのですが、ローストしたら、清涼感あるミントのような香りとなりました。

 

甘いお節料理のいい箸休めになる簡単茶葉料理なローストポーク完成でした。

 

 

*1月のレッスンスケジュールをUPしております。詳しくは、レッスンスケジュールをご覧ください。1月16日よりレッスンスタート!!

 

 

最後までご一読くださりありがとうございます。

 

 

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo  で検索してみてくださいね!

 

 

レッスン内容・日時など詳細⇒「レッスンスケジュール」でご確認いただけます!

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627

(東京・青山)櫻井焙煎研究所

【東京・青山】櫻井焙煎研究所

こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

いつもご訪問ありがとうございます!

 

 

2017年、最後にお伝えする「お茶のある風景」ティールーム訪問記は、

 

今大人気の櫻井焙煎研究所です。

 

 

 

東京南青山、表参道駅より2-3分。スパイラルビルにあります。

(以前は西麻布にあり3年前に現在の青山へ移転)

 

 

「静寂」

駅や駅前周辺の混雑ぶりから一転、まるで、異空間へワープしたような・・・

そして、心から浄化され清々しい非日常感も味わえる至福のお茶専門店です。

お茶とお菓子はもちろんの事、お茶ベースのお酒も味わえる落ち着いた大人な空間。

DSC_1232

予約必至な大人気店ですが、予約なしにラッキーなことに入ることができました。(ついてる私!)店主、櫻井さんもいらっしゃいました。

 

 

外国人の方に大人気で私以外は外国からの観光客が次々とやってきました。

季節のブレンドティーを選んでみました。煎茶ベースです。

 

ほうじ茶は、注文後、焙烙(ほうろく)で焙煎するので、店内には心地いい焙煎香も漂っておりました。

DSC04939

まず、茶葉の香りを確かめ、1煎目から3煎目まで味わうことができます。

1煎目~3煎目まで香り味の変化も楽しめるわけです。

 

 

お菓子は氷室豆腐を選びました。京都のお豆腐を寒天で包んだ不思議なお菓子。

お豆腐はなめらかでややクリーミー、硬めの寒天とのハーモニーが絶妙でした。

 

 

英語名では、「Sakurai Japanese Tea Experience」と店名が評されている通り、

「お茶」の楽しみ方を桜井さんならではの柔軟な発想で体験でき、新たな茶の世界の愉しみ方も発見できる空間なのです。

DSC04938

日常からちょっと離れたい時や気持ちをリセット、浄化されたい時にとってもいい場所だなあと感激しました。

 

お茶は、心をほぐし、気持ちを慰めたり落ち着かせたり、逆に気分を上げてくれたり。と、やっぱり、そっと人に寄り添ってくれるものだな~ということも気づかせて下さった櫻井焙煎研究所さんです。

 

 

スタッフさんの所作も美しく、その姿を眺めているだけでも非日常。

 

年末、1年を振り返り、ちょっと内省的に自分を見つめなおす良い時間を過ごすこともできました。忙しい師走だからこそ訪れるにも最適なティールームです。

 

 

お会計を済ませ、帰る前テイスティングもできると知り、思わず、追加で和紅茶を2杯テイスティングしました。この日の紅茶は、宮崎産。最後に焙煎をかけているそうで、渋みがかなり抑えられてまろやか、さらさらっと飲み干せる紅茶でした。

DSC_1231

デミカップになみなみ注がれたテイスティング用和紅茶。

 

 

限定、大福茶も購入でき、2018年のお正月は櫻井焙煎研究所さんの大福茶でスタートします!

 

 

 

 

 

最後までご一読くださりありがとうございます。

2018年もどうぞ素晴らしい1年でありますように。

 

 

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo  で検索してみてくださいね!

 

★1月のレッスン日程UPしました!

レッスン内容・日時など詳細⇒「レッスンスケジュール」でご確認いただけます!

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627