セイロンティーの魅力~光り輝く島スリランカ

こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

 

 

「紅茶の楽しみ方は十人十色、お茶は暮らしを楽しむエッセンス」をモットーに、紅茶&日本茶、お茶の魅力や楽しみ方をギュっとお伝えしております☆彡

 

 

ティーアドバイザー&日本茶アドバイザー小林です。

いつもご訪問ありがとうございます。

(Private Blogは、アメブロにてつづっております⇒

 

 

光輝く島であるスリランカ

スリランカは、ここ2-3年代注目の国。

「行ってみたい国、NO1」など高く評価されています。

 

 

 

紅茶やカレー以外にもアーユルベーダ、ヨガ、宝石なども有名、女子好みな物ばかり。

私もスリランカで紅茶園巡り以外にもたっぷり楽しみましたよ~。

 

 

 

さて、紅茶ですが、採れる土地(産地)によって、その味や香り、=紅茶の持ち味や個性が違ってくるものです。

 

 

そして、全ての紅茶の基本になるのは、ズバリ、

 

「いれかた」

「産地ごとのお茶を知る」

 

ことが基本になっていきます。

 

 

これらに付随して、水のことやフードとのペアリング、食器の合わせ方や、ティーフード、歴史や文化的な要素、紅茶の効能的要素などなどなど、様々幅広く多岐にわたって広がりがあるのです。

 

 

srilanka2

スリランカ・ヌワラエリヤ地区の茶園にて。茶摘みの女性。

 

 

 

 

セイロンティーは、スリランカの紅茶のことを指しますが、紅茶と言えば、インド&スリランカが基本となります。

 

 

 

セイロンティーは、大きくわけて7つの産地がありますが、それぞれ個性豊か。

 

スリランカは風光明媚で古来より土壌が豊かで、様々な植物が豊かに育つ土地。今でも、紅茶ほか、スパイスやハーブなどはスリランカ産が多いですね。

そんな個性豊かな紅茶たちが、各メーカー熟練のティーテイスターさん、ブレンダーさん達プロの職人たちよって、創り上げられて、日本、そして世界中に届けられるのです。

 

 

 

今では、ペットボトルでも紅茶が飲める時代。日本以外の国でもペットボトルティーが普及しています。

 

「邪道だ」「本物の味ではない」「美味しくない」

 

など、かなりアンチな意見も多々ありますし、私もほとんど飲むことはありませんが、

 

 

でも、

全く紅茶を知らないとか、紅茶を口にすることがない方が、手軽で便利なペットボトルティーによって紅茶を味わう、愉しむ入り口やきっかけ作りになっていくこともあるのです。

 

 

「ペットボトルティーには、ペットボトルの役割がある」と私は考えております。

 

 

srilanka4

スリランカ・キャンディ湖。キャンディは、スリランカの古都です。

キャンディもスリランカ紅茶産地のひとつであり、最古の紅茶園もあります。標高600-700mくらいですので、日本ですと長野県諏訪湖あたりと同じだなーと気が付きました!

 

午後の紅茶とセイロンティー

みなさんご存知、キリン「午後の紅茶」は、スリランカ産紅茶葉を原材料に使っております。

 

 

「午後ティー」

なんて親しまれて呼ばれたりもして、ペットボトルティーの代表格でもあります。

 

 

 

 

そんな「午後の紅茶」の開発にも携わっていらした紅茶研究家の磯淵さん。

 

セイロンティーの魅力も発信し、日本の紅茶普及にも多大なる貢献をされ、日本での沢山の紅茶ファンを増やしていった立役者でもある方ですが、磯淵さんの訃報を知り、大変ショックで残念でなりません。

 

 

私が紅茶輸入商社にいたころ、磯淵さんとはお仕事ご一緒にしかかわったこともあるのですが、それは、ちょうど、磯淵さんが今の私くらいの年齢の頃でした。

 

(若かった、、磯淵さん。)

 

 

そんなことも思い出しながら、、、、磯淵さんのご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

時の経つのは早いものですし、平穏で心身ともに健やかに穏やかに過ごせることは実は奇跡なのかもしれません。

 

世の中、実は、当たり前のことが当たり前ではないのですね。

 

日々に様々なことに感謝をしながら・・・

 

 

 

 

 

 

最後までご一読くださりありがとうございます。

Tea for your happy days!!

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo で検索してみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

教室概要・講師紹介・メディア掲載について⇒「教室概要

レッスン内容・日時など詳細⇒「レッスンスケジュール」でご確認いただけます!

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627

キリン午後の紅茶工場見学

こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

 

 

「紅茶の楽しみ方は十人十色、お茶は暮らしを楽しむエッセンス」をモットーに、紅茶&日本茶、お茶の魅力や楽しみ方をギュっとお伝えしております☆彡

 

 

 

ティーアドバイザー&日本茶アドバイザー小林です。

いつもご訪問ありがとうございます。

 

 

キリン「午後の紅茶」工場見学に行ってきました。

(9月に行ってきましたが、、すっかりブログにあげるのを忘れていました。)

大人気なので予約をいれたのは、実は6月でした。夏休みは毎日常に予約いっぱいで取れなかったのです~~

 

キリンさんの世界に誇る技術も感心するものばかり、惚れ惚れ。

o2938165214267724033

 

工場内の生産ラインの撮影はNGですが、その他は、写真OK,イマドキならでは、フォトジェニック箇所も設置されておりました。

 

この日は、午後の紅茶ホットのレモンティーが作られている様子を実際に観ることもできましたよ。

 

最後にはお土産もあり。

好きな午後の紅茶を2本選べて、さらに、自分の写真付きラベルが貼られた午後の紅茶もいただけ、とってもお得な気分でした。

 

 

 

私がスリランカへ行った際にも午後の紅茶に使われている紅茶畑(茶園)にも行ったことがあり、「ああ、あの畑からここに届いているんだな~。」とか思ってみたりも。

 

 

スリランカのこどもたち。

学校は国営(私立校もあるとは思いますが)なので、子供たちは制服を着て登校していきます。

 

スリランカでは、茶園で茶摘みをするのは、女性のお仕事なんです。今でも手摘みが多いのですし、茶畑は山にあって急斜面だったりするので、茶摘みは本当に重労働。

 

1日中ひたすら茶摘みをして、かごにずっしりと茶葉をいれていくのですが、このかごが重い!

しかし、こちらの工場見学で展示されていた最新茶摘みかごは、軽量化!!すばらしいな~。

うすーいナイロン製でベビーキャリーみたいな感じです。実際に背負ってみましたが、かごに比べたら断然軽かった!

 

 

スリランカの茶畑、本当に緑豊かでキラキラと輝く風景が圧巻だったのが今でも強く印象に残っております。

 

「スリ=光り輝く、ランカ=島」という古来より美しい島であった魅惑の国。そんな美しい島国は、まさに美味しい紅茶を、午後のひとときにほっとできる「午後の紅茶」を世界中に届けてくれるのです。

 

 

こちらの写真は、私がスリランカ紅茶研修時に実際に撮影したものです。

 

茶摘み後、本当に重たいかご(約20~30キロくらいになる)を工場まで運ぶ車を待っている姿です。

light_IMG_0572

茶摘みは女性のお仕事ですが、摘まれた茶葉を計量して工場まで運ぶ仕事からは男性へとバトンタッチしていきます。

 

 

キリンさんの工場見学、子連れで家族でいくのもOK,

大人限定の回もあります。楽しい工場見学、また行ってみたいな~。

オススメですよ!

 

 

最後までご一読くださりありがとうございます。

Tea for your happy days!!

 

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo  で検索してみてくださいね!

 

レッスン内容・日時など詳細⇒「レッスンスケジュール」でご確認いただけます!

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627

代官山の新紅茶スポットへ

こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

いつもご訪問ありがとうございます。

 

 

 

先日、久しぶりの代官山へ。新しくオープンした紅茶スポットへ。

キリン午後の紅茶プロデュースの「Milk, Black ,Lemon BY GOGO NO KOCHA

DSC_0950

この日は、近くで午前中に所用を済ませてから代官山へ。午後からあいにくの雨になってしまいスマホにて撮影につき、綺麗に写していないのであしからずです。

 

 

さて、GOGONO KOCHAですが、キリンさんが扱うスリランカ産紅茶を3種メインで使っているようです。他、スイーツ系やキッシュ、豊富なアレンジティーがありました。

 

 

スリランカの茶葉の特徴はズバリ「採れる産地の標高によって茶葉の持つ味、香りが異なってくる」ことなのです。モンスーンの影響によって採れる時期も異なります。

 

 

北海道より少し小さめくらいの大きさである「スリランカ」ですが、一年中、スリランカのアチコチで紅茶が栽培されてその味わいは産地、茶園ごとに異なります。収穫、そして、世界中に渡っていくのです。

茶缶がシンプルにいいな~と思いました。

はじめて行ったので、アレンジティーではなくミルクティーをチョイス。

 

 

キャンディは、飲みやすいので、渋みが苦手な方にはオススメです!

 

 

 

「キャンディ」スリランカの古都であり、軽めなミルクティーにもアレンジティーにもストレートとしても癖がなくって万能に美味しいおりこうさんな紅茶のひとつなんです(笑)

 

 

 

 

今度はアレンジティーを試しに、また訪問してみたいと思います。

 

 

★追記*オマケ記事★

こちらは、私が実際に撮影しました。

スリランカへ紅茶研修に行った際のキリンさんの茶園風景です。午後の紅茶の原料となる紅茶はここからやってきています。

2953756

 

茶畑のメンテナンス的な作業は男性の、そして、茶摘みは女性たちのお仕事。

いずれも、かなりの重労働肉体労働です。スリランカでは基本的に紅茶は手摘み作業で行われています。

何事もそうですが、五感を使って、実際に自分が体感する、体験することって大事ですね。

こんな風に現地に行くことによって、より愛着も沸き、理解が深まりました。

 

 

 

 

最後までご一読くださりありがとうございます。

 

 

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo  で検索してみてくださいね!

 

 

★11月「オリジナルクリスマス紅茶作り」のクリスマススペシャルレッスン開催★

 

 

レッスン内容・日時など詳細⇒「レッスンスケジュール」でご確認いただけます!

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627