(暮らしのなかのティータイム)2020年の新茶

こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

「紅茶の楽しみ方は十人十色、お茶は暮らしを楽しむエッセンス」をモットーに、紅茶&日本茶、お茶の魅力や楽しみ方をギュっとお伝えしております☆彡

ティーアドバイザー&日本茶アドバイザー小林です。

いつもご訪問ありがとうございます。

(Private Blogは、アメブロにてつづっております⇒

おもてなし美人を目指す、大好評開催中!「紅茶でおもてなしレッスン」

紅茶のプロによるレッスンが「わかりやすい!楽しい!ちょっとオシャレで実用的、暮らしに役立つ!」と、2006年教室オープン以来長年好評いただいております。

教室主宰の先生・サロネーゼさま、サロンやカフェオーナー、各種サロン&カフェ開業準備中の方に向け講座『紅茶でおもてなし4回レッスン

はじめての方、趣味で楽しみたい方、もう一度習いたい方向け

⇒「Life with Tea おうちカフェ・おうちDEアフタヌーンティーレッスン

2020年の新茶

2020年の新茶、種子島産「くりたわせ」

5月になりましたね。

今年はうるう年なので、

5月1日(昨日)が八十八夜でした。

今年も新茶の季節がやってきました!

日本の新茶前線は桜前線のように南から北上していきます。

種子島から新茶がスタートしていきます。

最初に、

少しぬるめにいれると、お茶の持つ「甘味」が楽しめます。

2煎目以降は、少し温度をあげていれますと

きりっと青々とした香りや渋みが楽しめます。

新茶は生命力がみなぎる

新茶の茶殻は、とても柔らかくて、

実は食べる事もオススメです。

残った茶殻は、ポン酢をかけてみたり、

少し乾煎りして、お肉と炒めてみるのも美味しいですよ。

茶殻には、

お茶として抽出されなかったビタミンやミネラル分などが残っているので、

美味しく栄養もとれちゃいます。

お茶は暮らしを楽しむエッセンス

種子島から始まる「新茶」ですが、どんどん北上し、

福岡や、宇治、静岡など各茶名産地からも続々と新茶が私たちの元へ

やってきます。

その年により、味も香りも変化する新茶。

(紅茶も同じくです!)

一期一会の味わいも

ぜひぜひおうちカフェとして、楽しんでみてくださいね。

しゃくやくの季節です

新茶の季節は、インドダージリンからも一番茶である春摘み「ファーストフラッシュ」も到来。

そして、芍薬の季節でもあります。

先日、買った「しゃくやく」とゼラニウム

美味しいお茶、紅茶とともに、生花からも生命力を感じておりました。

最後までご一読くださりありがとうございます。

Tea for your happy days!!

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo で検索してみてくださいね!

教室概要・講師紹介・メディア掲載について⇒「教室概要

レッスン内容・日時など詳細⇒「レッスンスケジュール」でご確認いただけます!

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627

今日は、八十八夜!新茶の季節到来。

こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

ティーアドバイザー&日本茶アドバイザーのブログへようこそ!

いつもご訪問ありがとうございます。

 

 

身近な紅茶や日本茶でほっと一息、癒しのティータイム。

「紅茶の楽しみ方は十人十色、お茶は暮らしを楽しむエッセンス」をモットーに、

お茶の魅力や楽しみ方をギュっとお伝えしております☆彡

 

 

さて、本日、5月2日は八十八夜。

歌にもあります『夏も近づく八十八夜~♪♪』ですネ。立春から数えて八十八日目。

 

新茶を収穫し始める時期です。「88」って八並び末広がり、縁起がとってもいいですよね。

この時期は、茶摘みに実際に行かれている方も多いですね、お休みならば行きたかったなー。

o1213134914182169092[2]

さて、こちらの美味しい写真は、先日、お世話になっているチャイチワークス市川先生のワークショップにて。

 

金魚柄可愛いでしょう!紅茶も含めてですが、「お茶」って色が淡いですので、こんな風に器(=ティーカップ)も愛でる、器の絵柄デザインも大いに楽しむのも醍醐味。

こんな風にして、お茶とともに茶器も成長し続けているわけですね。

 

皆さんお気づきの通り、残念ながら、カップの絵柄を愛でるってコーヒーにはできないんですよね。

 

 

いただいたお茶は、お茶仲間さんお茶友さんが実際に茶農家さんへ住み込んで研修!した新茶。静岡掛川のひらの園さんのできたてホヤホヤ~、「はしり」である新茶。

o0850078414182169089[2]

優しい味!本当に美味しい新茶です。

 

フレッシュ感バツグンで、青葉の香りが本当に優しく立ち込めます。少し果物っぽい甘味も感じました。

 

新茶は、やはり、特別感があります。

栄養素も凝縮されていることもありますが、香りのフレッシュ感がいつまでも残り、余韻として記憶にしっかりととどまってきます。

 

味も香りも優しく甘く、少し甘酸っぱいようなフルーツみたいな。でも、着香のフルーツさではなくって天然の香りと甘みなので、上品でほっとさせてくれ心から癒されます。

 

京都の麩まんじゅう。もちもち感も美味です!

o1378183814182169085[1]

o0405022814182169093[1]

そして、その他の今年の新茶は、種子島の「くりたわせ」と鹿児島の知覧茶。

 

 

以前、このブログでも今年の新茶として『松寿』をご紹介していますが、産地別、茶園別にモチロン味も香りも違いますし、毎年、味がかわるもの。そんな一期一会も大切にできるのが、お茶を味わう楽しさのひとつだといつも思っております。

 

 

お茶は、身近なものだから、いつの時代でも世界中で美味しく人にそっと寄り添ってくれていますね。そんなお茶たちの本当はものすごーいんだけど、自己主張しすぎない奥ゆかしい感じもステキで私が大好きなところです。

 

 

 

新茶を飲むと長寿になると昔から言われておりますが、栄養成分的なことも含めて、お茶を飲むライフスタイルこそ、忙しい現代人にはとびきりのご馳走、ご褒美であり、心の栄養につながっていきますね。

 

 

 

最後までご一読くださりありがとうございます。

お茶のある暮らしで自分らしく毎日『リセット&リラックス』

 

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo  で検索してみてくださいね!

 

レッスン内容・日時など詳細⇒「レッスンスケジュール」でご確認いただけます!

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627

今日は八十八夜~鹿児島知覧茶の新茶と黒糖ちまき

こんにちは。紅茶教室ティースタイルです。いつもご訪問ありがとうございます。

 

 

本日は八十八夜。「夏も近づく八十八夜~♬」のあの八十八夜です。

今日は鹿児島知覧茶の新茶を淹れて、たねやの黒糖ちまきとともに午後のティータイム。

 

 

鹿児島茶は一番茶、日本国内でははしり、一番早く茶が摘まれて出荷されております。

甘みが強く静岡より東エリアの人には好まれそうな煎茶です。

アミノ酸たっぷり感じる甘さ旨味がギュッと感じて爽やかな渋みが美味しい~!知覧茶でした。

 

 

たねやの粽は、ツルっとした食感で上品な黒糖のコクと甘みがこの知覧茶、煎茶によ~く合いました。

 

 

明日からGW後半。みなさんはどこかへお出かけでしょうか?

ステキな休日をお過ごしくださいませ。

 

 

 

 

 

レッスンに関するご予約・お問い合わせ・取材/メディア掲載についてのお問合せ先

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627