(紅茶とチーズ)信州味噌チーズと紅茶タイム

こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

 

 

 

「紅茶の楽しみ方は十人十色、お茶は暮らしを楽しむエッセンス」をモットーに、紅茶&日本茶、お茶の魅力や楽しみ方をギュっとお伝えしております☆彡

 

 

 

ティーアドバイザー&日本茶アドバイザー小林です。

いつもご訪問ありがとうございます。

(Private Blogは、アメブロにてつづっております⇒

 

味噌チーズ

インスタストーリーにUPしたら、大反響!またまた長野名産シリーズ(笑)で、ペアリング。

 

 

チーズは、紅茶や日本茶とよ~く合います。特に紅茶とのペアリングはイギリスでもよく行われているほどでとって~も合います。今回は、長野で買ってきた長門牧場の味噌チーズ。

o1607162814332927814

程よい塩味が後を引く美味しさです。あっという間に食べ終えちゃいました^^

おにぎりの具材にしても美味しい味噌チーズです!

 

 

 

 

味噌&チーズは発酵食品同士で相性抜群。

うま~くアミノ酸が絡まり合って、絶妙な美味しさが膨らんでバージョンアップしていきます。

 

 

そして、チーズは、低糖質な発酵食品。アミノ酸で「旨味」を感じて、カルシウムほか女性には特にとりたい成分ばかり。小腹が空いたときに食べるのもいいですね。

 

 

チーズにあわせる紅茶

さて、チーズを食べる時は、何か飲み物が欲しくなりますよね?

 

 

王道「ワイン」と合わせるのもいいのですが、ワインが飲めない方や飲めない場合もありますので、ぜひ「紅茶」を合わせるのをオススメしています。

 

(レッスンでもよくご紹介しております。)

 

 

今回合わせた紅茶は、チーズによく合う2種類をチョイス。

「キームン&ウバ」世界三大銘茶のなかの2つ。

 

 

キームンは、レッスンで初めて飲んだー!って方も多いのですが、ハマっていく方も多い紅茶のひとつです。

o1061135214330600980

特に冬には一段と美味しく恋しくなる紅茶・・・

そんな紅茶は、冬がベストシーズンとも言えます。「温」にあたるからだが温まるドリンクでもあります!

 

 

余談ですが、昨年末にダイソーで買ったリバーシブルクレープ紙。写真撮影にもずいぶん役立っていまーす!

 

こんな風に写真撮影用としても、ちょっとしたギフトの包み紙、ティーテーブルなどへのランチョンマット代わりにもなったりと使う用途は幅広いです。

 

季節ごとに換えてもいいですね、オススメ!

 

 

最後までご一読くださりありがとうございます。

Tea for your happy days!!

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo で検索してみてくださいね!

 

 

 

教室概要・講師紹介・メディア掲載について⇒「教室概要

レッスン内容・日時など詳細⇒「レッスンスケジュール」でご確認いただけます!

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627

【和紅茶の世界】信州和紅茶

こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

ティーアドバイザー&日本茶アドバイザーのブログへようこそ!

いつもご訪問ありがとうございます。

 

 

 

身近な紅茶や日本茶でほっと一息、癒しのティータイム。

「紅茶の楽しみ方は十人十色、お茶は暮らしを楽しむエッセンス」をモットーに、

お茶の魅力や楽しみ方をギュっとお伝えしております☆彡

 

 

「お茶」は、長年、古今東西で愛され続け、その土地や地域に根付いて、人と人を繋ぐコミュニケーションツールになっていったり、人々の暮らしに寄り添って常に柔軟に進化しているものです。

 

そんなお茶の「底力」ある進化は、和紅茶(国産紅茶)の世界でもピカっと光っております。最近、美味しい和紅茶が増えてきました。

 

 

世界の紅茶大国「インド」や「スリランカ」産とも違い・・・・

「ケニア」や「中国」産紅茶とも違う和紅茶たち。急発展中、魅力がさらに増しています!!

 

 

GWに山梨で買ったほうじ茶と長野で買った和紅茶。信州和紅茶をまずは淹れてみました。

o0672059714184315984[2]

長野といえば、野菜やハーブ、キノコ類、味噌、お米、お酒にワイン、お肉と・・食の宝庫でもあります。

 

「山紫水明(さんしすいめい)」な南信州で育ったお茶です、それは、山や川の水が澄んで清らかな環境で育った証。それは、良質なお茶が育つ絶妙な環境であると言えます。

 

 

さて、この信州産和紅茶ですが、綺麗な水色(=すいしょく。お茶の世界では「水色」と書いてすいしょくと呼びます!)

艶やかな紅色な紅茶です。

 

 

じっくり3分蒸らしてみました!

 

 

渋みがマイルドで優しい香味な和紅茶です。そして、ほのかな自然な甘みが癒される。本当にまろやかな渋みと優しい甘味でほっこり。

 

 

香りがやや弱いかな~(お好みですが)と思いましたが、冷めてから、渋みがあまりなく穏やかなので大変飲みやすい紅茶でした。

 

そして、この軽やかさが食事中や食後に大変合わせやすい紅茶です。

アイスティーにしても美味しそう!

 

 

信州(長野)は縦長に広がっている県ですが、茶産地としては、主に南信州が多いです。

o0928112014184315985[2]

山梨で有名なほうとう屋さん「小作」では、ほうじ茶を買ってみましたので、こちらも飲んでみるのが楽しみ!

 

 

 

最近は、和紅茶を作り出している産地も増えています。そして、そのクオリティーは年々向上し、進化中です。

 

2-3年後の和紅茶界、10年後の和紅茶界も今から発展が楽しみ。

お茶は奥深いからこそ、色々な魅力を兼ね備えて進化し続けられるのですね。お茶ってステキ!

 

 

 

最後までご一読くださりありがとうございます。

お茶のある暮らしで自分らしく毎日『リセット&リラックス』

 

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo  で検索してみてくださいね!

 

レッスン内容・日時など詳細⇒「レッスンスケジュール」でご確認いただけます!

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627