【レッスン風景】真冬のミルクティー、話題のチーズティーレッスン

こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

 

 

「紅茶の楽しみ方は十人十色、お茶は暮らしを楽しむエッセンス」をモットーに、紅茶&日本茶、お茶の魅力や楽しみ方をギュっとお伝えしております☆彡

 

 

 

ティーアドバイザー&日本茶アドバイザー小林です。

いつもご訪問ありがとうございます。

(Private Blogは、アメブロにてつづっております⇒

 

 

心も温まる♪ミルクティーレッスン

立春が過ぎ、2019年も本格的にスタートしております。

ミルクティーもまだまだベストシーズンで美味しい季節です。

 

 

昨年12月のレッスン風景、

ずーっと掲載しそこねていましたので今更ながらではありますが、2018年12月のレッスンをピックアップしてレポさせていただきます。

 

お忙しい中、みなさま、ご参加ありがとうございます!

 

 

2018年12月はクリスマスワークショップほか、レギュラーレッスンとして、「ミルクティー」「チーズティー」そして、カスタマイズレッスンでクリスマスティー作りのプライベートレッスンも開催しました。

試作品のチーズティー。

 

 

 

 

 

冬に断然美味しくなるミルクティー。

ミルクティーを飲むとお腹も温まり、体の中からポカポカしてきます。

 

 

 

一年中、ミルクティー大好きな方から、普段はストレートティー派まで、ミルクティーが美味しくなる極意をお教えしていきます。

 

ミルクティー大好きなタイ料理教室「スタジオアロイ」安藤先生もレッスンにご参加くださいました。

 

 

安藤先生は、タイ料理エキスパート。

 

タイ料理といえば、ハーブ&スパイスを沢山使っていますので、ハーブ&スパイスの知識も生かしつつ、「タイ料理に合う紅茶」「レッスン時に美味しい紅茶で生徒さんを喜ばせたい」

 

という高い目標をお持ちでご参加くださっております。

 

 

 

珈琲は飲めないって方は沢山おられますが、紅茶はそんなに好まないけど飲めない方はよほどでない限りいないので、やっぱり、紅茶を美味しく丁寧にいれることって身に付けたいなあと思っている方は多いですね。

スタジオアロイ:https://ameblo.jp/nekonoko22000/

 

 

ブーム到来!話題のチーズティーレッスン

2018年よりブームになってきている話題の「チーズティー」

 

 

紅茶にチーズ?!って最初、私も驚きましたが、意外とコレはあり!って思える不思議なテイスト。

2019年も引き続き流行っていきそうな予感がします。

 

 

 

そんな、チーズティーをレッスンではオリジナルレシピでご紹介し、さらにカスタマイズした内容でレッスン開催しました。

 

 

「お茶」&「旅」をテーマにした、新しい切り口で日本茶の魅力を発信しているchatabiさま

 

今年の1月より横浜に日本茶カフェをオープンした「cha+tabi」主宰Yuka先生もレッスンにご参加くださり、今後のカフェ運営に役立てていただけそうなコツをお伝えしていきました。

 

cha+tabi : https://ameblo.jp/cha-tabi/

 

12月レギュラーレッスンまとめ

このほか、初めてティースタイルのレッスンにご参加された生徒さま達からも新たな気づき、楽しい感想もいただきました。

 

ティースタイルのレッスンに参加される理由は様々。

でも、みなさん「紅茶を美味しく飲みたい」「美味しい紅茶をいれてみた」という探究心からスタートしていきます。

 

「紅茶と仲良くなれると生活の幅が広がりますね」

 

 

と。

 

 

 

いつも私が掲げていることでありますが、「紅茶」をツールとして、自分の中で好みや知識の引き出しが増えていくと、それは幅も広がっていき、日常のヒトコマがどんどん楽しくひろがっていきますね。

 

人生を楽しんでいくエッセンス、スパイスとして「お茶を愉しむ時間」を活用していただければいいなあと思います。

 

 

 

紅茶教室ティースタイルは、

 

「お紅茶」でもなく、単なる紅茶やお茶のいれかたやアレンジティーレシピをお教えしているわけではなく、

 

紅茶や日本茶を通じてご参加いただく生徒さま達のライフスタイルが向上していくヒントとなったり、

 

ティータイム、ティーライフ、各々の「ティースタイル」がより豊かになっていくお手伝いとなるレッスン内容で開催しております。

 

 

 

お茶には、産地ごとに味わいも違い、天からの恵み、自然ありきの美味しさ、うま味の宝庫。

 

そして、それぞれ、茶園に働く人たちの想いや様々なストーリー性も秘められており、単なる嗜好品飲料の領域におさまらない多岐にわたる魅力が満載なのです。

 

 

紅茶の本質的な魅力や楽しみ方を基本からしっかり丁寧にお伝えしていっております。

 

 

*2019年1月のレッスンレポも後日UPいたしますね。

 

 

 

最後までご一読くださりありがとうございます。

Tea for your happy days!!

 

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo で検索してみてくださいね!

 

 

 

 

 

教室概要・講師紹介・メディア掲載について⇒「教室概要

レッスン内容・日時など詳細⇒「レッスンスケジュール」でご確認いただけます!

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627

台湾肉まん鹿港の冬瓜茶

こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

 

 

「紅茶の楽しみ方は十人十色、お茶は暮らしを楽しむエッセンス」をモットーに、紅茶&日本茶、お茶の魅力や楽しみ方をギュっとお伝えしております☆彡

 

 

 

ティーアドバイザー&日本茶アドバイザー小林です。

いつもご訪問ありがとうございます。

 

 

鹿港(ルーガン)で冬瓜茶。ジャスミンティーベースです。

有名な台湾肉まん店でのお茶風景。

o0607091314276525464

インスタ的な画で。

台風一過で秋なのに異常な暑さに息子と行ってみた日の一枚。

 

 

ジャスミンティーがベースになって、冬瓜やレモンもアクセントに効いて甘いけど美味しかったお茶。

息子も甘いので気に入って飲んでいましたっけ~。

 

かなり甘いけど、ジャスミンティーの爽やかさがあってさっぱり。肉まんにも合いますし、暑い日の水分補給には最適だなーと思う1杯。甘さが癖になる感じです・・・

 

 

 

さて、鹿港(ルーガン)ですが、東京世田谷にある有名な台湾肉まんのお店。

肉まん本番な冬場は長蛇の列ができるほどの大人気店(紅茶も冬がベストシーズン、紅茶本番です~)

 

その他、手作りの豆乳もあったり、(そちらも美味)空前の大ブーム中の台湾ですが、美食医食同源で嬉しい事がたくさんありますね。

 

 

 

台湾茶は、綺麗に清らかに薫って、飲みやすく爽やかなものばかりで、オススメ茶が多いのも特徴。

 

 

最後までご一読くださりありがとうございます。

Tea for your happy days!!

 

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo  で検索してみてくださいね!

 

レッスン内容・日時など詳細⇒「レッスンスケジュール」でご確認いただけます!

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627

(東京・世田谷)東京茶寮

【東京世田谷・三軒茶屋】東京茶寮

 

こんにちは。紅茶教室ティースタイルです。いつもご訪問ありがとうございます。

 

紅茶教室ティースタイルのティールーム訪問記「お茶のある風景」、今回は、今話題の世田谷区上馬にある『東京茶寮』さんです。

 

インスタや雑誌などのメディアにも多く掲載され注目されている日本茶専門店。ご存知の方も多いかと思います。

 

 

清々しいほどのミニマルでスタイリッシュ、シンプルモダンな空間演出がかえって非日常感も醸し出しているな~とお店に入って第一印象でした。

 

 

斬新でオシャレですが、なんだかほっとできて。

 

 

そして、お茶をもっと気軽に楽しんでほしい、生活に取り入れてほしいという真摯な姿勢や本質が全くぶれていない姿勢にも共感しまくりな私でした。

 

 

世界初のハンドドリップで淹れる煎茶店。ずっと気になっておりまして漸く行ってみました。

 

 

メニューは、煎茶2種&スイーツのセットメニューのみ。

3煎目まで丁寧にゆっくりと淹れてくださいます。こちらではお茶を淹れるスタッフさんを「バリスタ」と呼んでいます。

 

スイーツは3種類から選びますが、ドライフルーツの羊羹が気になりそちらをオーダー。

 

上品なさらっとした甘みで煎茶にとっても合うんだなあ、、よく計算されているなあと惚れ惚れ。

 

 

 

1種類を除いて、全てシングルオリジンティー(単一茶園)としてこだわり。

DSC02827

私は、新茶の「しまみどり」(鹿児島)と宵の七曜星(静岡)をチョイス。

旨味(甘味)の強い新茶とスッキリした香り(香味)を楽しめる対極的な2つにしてみました。

 

 

これがハンドドリップの茶道具。

理科の実験器具みたいでワクワク感があって面白い。

DSC02826

 

 

 

3煎目は贅沢な玄米茶仕立てで最後の一杯を楽しむ流れ。この玄米も香ばしく市販の玄米茶とはもちろん一味違っております。

DSC02832

せっかくなので、あえて新茶を玄米茶にしていただきました。普段できないので贅沢な一杯となりました。

 

 

沢山のマニア~なお茶の話から、雑談まで含めて様々な「お茶談義」もできて勉強になりました。

最寄駅は東急田園都市線三軒茶屋駅ですが、明薬通りまで歩く事10分程度。

駅前のごちゃごちゃした雰囲気とはうってかわって静かな住宅地にあります。

 

 

またぜひ再訪してみたい素敵で美味しいティールーム、日本茶専門店です。

 

 

 

東京茶寮:http://www.tokyosaryo.jp/

 

*最新レッスンスケジュール ⇒ https://teastyle-tokyo.com/

レッスンに関するご予約・お問い合わせ・取材/メディア掲載についてのお問合せ先

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627