(今朝の紅茶)梅雨に夏におすすめ紅茶

こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

 

「紅茶の楽しみ方は十人十色、お茶は暮らしを楽しむエッセンス」をモットーに、紅茶&日本茶、お茶の魅力や楽しみ方をギュっとお伝えしております☆彡

 

ティーアドバイザー&日本茶アドバイザー小林です。

いつもご訪問ありがとうございます。

(Private Blogは、アメブロにてつづっております⇒

梅雨や夏にオススメな紅茶「ヌワラエリヤ」

爽やかで軽やかな紅茶「ヌワラエリヤ」をいれました。

 

 

 

さっぱりとして、ヌワラエリヤが持つ茶葉本来の花香が特徴的。

 

(私個人的には、ヌワラエリヤは生け花を思い浮かべる紅茶なんです・・わかりづらい表現ですね・苦笑)

o0551046814480074405

さて、ヌワラエリヤは、スリランカにある紅茶産地。標高1800mくらいにある産地です。

私も実際に訪れましたが、紅茶畑が山一面にひろがって、爽やかな風が吹き、朝日がお茶の葉に当たってキラキラと輝いているのがとても印象的でした。

 

 

 

 

このヌワラエリヤ紅茶、淡く軽やかなテイスト。

発酵度も比較的軽めで、ダージリンにも似たような香味。

すっきり爽やかなので、アイスティーにとてもオススメですし、ホットティーでもさっぱり爽やかなのど越し。私の大好きな紅茶のひとつです。

 

緑茶派、煎茶派にも入りやすい、親しみやすい紅茶です。

 

 

 

 

 

夏のホットティーでしたら、さっぱり爽やか紅茶である「ヌワラエリヤ」は特におすすめしちゃいます!

o0484046314480074409

冷たいアイスティーも美味しいけど、やっぱり、温かい紅茶や日本茶って暑い時期でもほっとさせてくれますね。

 

 

まとめ

さっぱり爽やかさが最大の特徴の「ヌワラエリヤ」紅茶。

梅雨から夏本番、晩夏にかけて、この「ヌワラエリヤ」はとっても季節的にもより一段と美味しく感じる紅茶です。

 

 

 

 

今回ご紹介したヌワラエリヤが採れるスリランカという国名は、「美しい島」という意味があります。

 

 

 

古来より「光り輝く島」とも呼ばれているスリランカは、かつて、ヨーロッパ人がこの土地をおとずれた際に、スリランカの美しさに強く惹かれたんじゃないかなあと共感しました。

その昔は、紅茶ほか、スパイスやハーブなどヨーロッパには絶対にない物ばかりが豊富にあふれている国でしたので、ヨーロッパ人にとっては憧れの地であったわけです。

 

 

 

 

 

中国やスリランカ、インド、アフリカ、日本などで生まれ育った「茶(TEA)」は、世界中に駆け巡っています。

 

身近な紅茶は、長い長い歴史のなかで、世界中の人々に愛されつづけておりますが、そっと暮らしに根付いて、そっと私達に元気(活力)や癒しを与えてくれます。

 

 

一人で飲んでも美味しいし、誰かと一緒にティータイムを楽しむ。

シンプルであって、身近で自由度が高いからこそ、紅茶は飽きずに暮らしを楽しむエッセンスでもありますね!

 

 

真夏の温活にも美味しい紅茶をどうぞ。

 

 

最後までご一読くださりありがとうございます。

Tea for your happy days!!

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo で検索してみてくださいね!

 

 

 

教室概要・講師紹介・メディア掲載について⇒「教室概要

レッスン内容・日時など詳細⇒「レッスンスケジュール」でご確認いただけます!

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627

セイロンティーの魅力~光り輝く島スリランカ

こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

 

 

「紅茶の楽しみ方は十人十色、お茶は暮らしを楽しむエッセンス」をモットーに、紅茶&日本茶、お茶の魅力や楽しみ方をギュっとお伝えしております☆彡

 

 

ティーアドバイザー&日本茶アドバイザー小林です。

いつもご訪問ありがとうございます。

(Private Blogは、アメブロにてつづっております⇒

 

 

光輝く島であるスリランカ

スリランカは、ここ2-3年代注目の国。

「行ってみたい国、NO1」など高く評価されています。

 

 

 

紅茶やカレー以外にもアーユルベーダ、ヨガ、宝石なども有名、女子好みな物ばかり。

私もスリランカで紅茶園巡り以外にもたっぷり楽しみましたよ~。

 

 

 

さて、紅茶ですが、採れる土地(産地)によって、その味や香り、=紅茶の持ち味や個性が違ってくるものです。

 

 

そして、全ての紅茶の基本になるのは、ズバリ、

 

「いれかた」

「産地ごとのお茶を知る」

 

ことが基本になっていきます。

 

 

これらに付随して、水のことやフードとのペアリング、食器の合わせ方や、ティーフード、歴史や文化的な要素、紅茶の効能的要素などなどなど、様々幅広く多岐にわたって広がりがあるのです。

 

 

srilanka2

スリランカ・ヌワラエリヤ地区の茶園にて。茶摘みの女性。

 

 

 

 

セイロンティーは、スリランカの紅茶のことを指しますが、紅茶と言えば、インド&スリランカが基本となります。

 

 

 

セイロンティーは、大きくわけて7つの産地がありますが、それぞれ個性豊か。

 

スリランカは風光明媚で古来より土壌が豊かで、様々な植物が豊かに育つ土地。今でも、紅茶ほか、スパイスやハーブなどはスリランカ産が多いですね。

そんな個性豊かな紅茶たちが、各メーカー熟練のティーテイスターさん、ブレンダーさん達プロの職人たちよって、創り上げられて、日本、そして世界中に届けられるのです。

 

 

 

今では、ペットボトルでも紅茶が飲める時代。日本以外の国でもペットボトルティーが普及しています。

 

「邪道だ」「本物の味ではない」「美味しくない」

 

など、かなりアンチな意見も多々ありますし、私もほとんど飲むことはありませんが、

 

 

でも、

全く紅茶を知らないとか、紅茶を口にすることがない方が、手軽で便利なペットボトルティーによって紅茶を味わう、愉しむ入り口やきっかけ作りになっていくこともあるのです。

 

 

「ペットボトルティーには、ペットボトルの役割がある」と私は考えております。

 

 

srilanka4

スリランカ・キャンディ湖。キャンディは、スリランカの古都です。

キャンディもスリランカ紅茶産地のひとつであり、最古の紅茶園もあります。標高600-700mくらいですので、日本ですと長野県諏訪湖あたりと同じだなーと気が付きました!

 

午後の紅茶とセイロンティー

みなさんご存知、キリン「午後の紅茶」は、スリランカ産紅茶葉を原材料に使っております。

 

 

「午後ティー」

なんて親しまれて呼ばれたりもして、ペットボトルティーの代表格でもあります。

 

 

 

 

そんな「午後の紅茶」の開発にも携わっていらした紅茶研究家の磯淵さん。

 

セイロンティーの魅力も発信し、日本の紅茶普及にも多大なる貢献をされ、日本での沢山の紅茶ファンを増やしていった立役者でもある方ですが、磯淵さんの訃報を知り、大変ショックで残念でなりません。

 

 

私が紅茶輸入商社にいたころ、磯淵さんとはお仕事ご一緒にしかかわったこともあるのですが、それは、ちょうど、磯淵さんが今の私くらいの年齢の頃でした。

 

(若かった、、磯淵さん。)

 

 

そんなことも思い出しながら、、、、磯淵さんのご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

時の経つのは早いものですし、平穏で心身ともに健やかに穏やかに過ごせることは実は奇跡なのかもしれません。

 

世の中、実は、当たり前のことが当たり前ではないのですね。

 

日々に様々なことに感謝をしながら・・・

 

 

 

 

 

 

最後までご一読くださりありがとうございます。

Tea for your happy days!!

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo で検索してみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

教室概要・講師紹介・メディア掲載について⇒「教室概要

レッスン内容・日時など詳細⇒「レッスンスケジュール」でご確認いただけます!

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627

【料理に合う紅茶】タイご飯にもアイスティー

こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

ティーアドバイザー&日本茶アドバイザーのブログへようこそ!

いつもご訪問ありがとうございます。

 

 

 

身近な紅茶や日本茶でほっと一息、癒しのティータイム。

「紅茶の楽しみ方は十人十色、お茶は暮らしを楽しむエッセンス」をモットーに、

お茶の魅力や楽しみ方をギュっとお伝えしております☆彡

 

みなさんは、お食事時はどんなお飲み物とあわせていますか?

 

麦茶だったり、アイスティー、ほうじ茶、煎茶や烏龍茶などなど、、今では、炭酸水もお食事に合わせたりしますね。

 

 

さて、お料理/お食事にも紅茶はあいます。

紅茶に合う=ケーキ、焼き菓子、スコーンなど甘いものばかりではありません(笑)

和菓子やパンや和食、エスニック系にもピッタリです(カレーには紅茶ですもんね)

 

 

タイご飯とアイスティー

 

o0987127014199811141[2]

この日は、ディンブラのアイスティーを作り置きしておりました。

 

 

爽快感があるアイスティーにもなります。ディンブラ他、ニルギリやヌワラエリヤなどがお食事によく合います。(合わせやすいですよ~!!)

 

 

 

実は、タイ料理を習ってきました。

タイ料理レッスンについては、こちらでつくれぽ上げました⇒ 

 

 

早速、先週、復習兼ねて自宅でも再現。ガパオライス&トムヤムクンです。

タイ王宮料理の流れを受け継いでスタジオアロイさん()オリジナルレシピ。とても食べやすい味付け。紅茶にもピッタリ、しっくり合うのです~。

o1080116014199811138[2]

子供用には唐辛子抜きバージョンで。美味しいとモリモリ食べていました。

日本米でも十分美味しいのですが、今度は、ジャスミンライスで作りたいと思います。

 

 

アイスティー(紅茶)を合わせることによって、口の中がさっぱりとしてリセットでき、脂っぽさもなく爽やかな余韻も残るのがメリットです。

 

 

アイスティーもコツ秘訣がきちんとあかれば、十分美味しく綺麗なアイスティーが家でできますし、家でタイ料理もささっと作れるっていいですね。

 

ティースタイルの紅茶レシピも全部簡単ですぐに家でできるものばかりです。

 

 

こちらが、レッスン当日の風景。ココナッツ汁には、ミント入りホットティーを合わせてくださいました。

 

お料理にあう紅茶のいれかたや紅茶作り。様々なマリアージュ(組み合わせ)、ハーモニーを楽しみながら、よりお食事もバージョンアップできますね。

 

 

 

 

 

最後までご一読くださりありがとうございます。

お茶のある暮らしで自分らしく毎日『リセット&リラックス』

 

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo  で検索してみてくださいね!

 

レッスン内容・日時など詳細⇒「レッスンスケジュール」でご確認いただけます!

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627

【今月の紅茶】4月にオススメの紅茶

こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

いつもご訪問ありがとうございます!

 

 

 

身近な紅茶や日本茶でほっと一息、癒しのティータイム。

「紅茶の楽しみ方は十人十色、お茶は暮らしを楽しむエッセンス」をモットーに、

お茶の魅力や楽しみ方をギュっとお伝えしております☆彡

 

 

あっという間に4月になりましたね。

春本番、桜も早くも葉桜になり、桜吹雪が舞い散る東京です。

日差しが日に日に強くなり、春らしくなってきましたが、夜はちょっぴりまだまだ肌寒く。

寒暖差のある春先、そんな4月にオススメの紅茶をご紹介です。

o1008085314158131843[1]

『嬉野紅茶とヌワラエリヤのブレンドティー』

金沢銘菓と合わせてみました。生徒さんからの差し入れ~、ありがとうございます!

 

日本&スリランカのコラボレーションティー☆彡

 

ヌワラエリヤは、標高1800mくらいに位置するスリランカの代表的な紅茶産地のひとつ。繊細な淡い色合いと花香が私が大好きな紅茶で、春から夏は毎日のように愛飲してしまう紅茶です。

 

 

私がスリランカに訪れた時もこんなうららかな気候の良い時期でした。日本でも八十八夜の新茶の時期が間もなくやってきますが、新芽と茶葉の生命力を強く感じ、茶畑がキラキラ綺麗に光り輝く光景はスリランカも日本も同じです。自然の力強さ、天の恵みを大いに感じる瞬間。

 

 

嬉野紅茶は、今ではすっかり和紅茶の代名詞的存在まで登り詰めておりますが、アップルティーのような独特な甘さが特徴的で、ヌワラエリヤとの相性も良く、甘さが加わり新たな味が誕生しました。

 

 

 

生徒さんにいただいた和菓子との相性もバツグンでした~。

こちらは、金沢の森八『春の宝達』季節限定品です。

白小豆の桜餡が日本茶には勿論ですが、紅茶にもよくあうのです。

o0835075514158131841[1]

ふわっと桜の香りがほんのりして、金箔がちょっとあしらわれているのも金沢らしい上品な和菓子。

 

 

最後までご一読くださりありがとうございます。

お茶のある暮らしで自分らしく毎日『リセット&リラックス』

 

 

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo  で検索してみてくださいね!

 

レッスン内容・日時など詳細⇒「レッスンスケジュール」でご確認いただけます!

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627

南国住まいの友人へ紅茶お土産

こんにちは。紅茶教室ティースタイルです。いつもご訪問ありがとうございます。

 

 

昨日の突然の雷雨とひょうに本当にびっくりでした。皆さんは大丈夫でしたでしょうか??

 

 

そろそろ夏休みも終わりに向かって、帰省から戻ってきたり海外旅行より帰国モード。親戚や懐かしい友人たちとも再会したり、「夏」は再会のシーズンとも言えますね。

 

 

南国住まいの親友へ紅茶プレゼント。DSC_0386

久しぶりに会う前からどんな紅茶がいいかな~と考えてみてセレクト。

 

 

 

先日、親友が一時帰国時に久々に会うことができました。2年か3年ぶり??(笑)

 

 

 

紅茶も好きな友人で、暑い時にさっぱりと飲める「ヌワラエリヤ」をセレクトして彼女へのお土産としてみました。

プラス、玄米茶も。現地に戻ってから『お茶漬け』に活用してもらってもいいかな~と考えました。

 

 

 

ヌワラエリヤは、スリランカの紅茶です。食事中のお茶や和菓子にもピッタリ~なんです。

「セイロン紅茶のシャンパン」と呼ばれたりもする淡い色と香り。今、話題のダージリンに似たテイストで普段使い、今の季節ですとアイスティーにもオススメ。

 

 

 

ゆっくりディナーやランチもしたかったのですが、あいにくの絶賛「夏休み中」な私。スタバで3時間ちょっと積もる話を色々と。

 

期間限定水出しコーヒーも気に入っています。(ちょっと薄めではあるかな・・・ですが)

色々と話したかったこともお互いたーくさんあって。気心知れた友人との会話は心地いいですね、なんだか、ほっとします。

DSC_0388

明日からまた頑張るぞー!的に友人との会話も楽しむ。

 

 

 

最後までご一読くださりありがとうございます!

 

 インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo  で検索してみてくださいね!

★9月のレッスンご予約受付中★

ご予約・お問合せ

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627

まるでシャンパンのような・・・スリランカヌワラエリヤ紅茶の魅力

こんにちは。紅茶教室ティースタイルです。いつもご訪問ありがとうございます。

 

春夏にとっても人気な紅茶をご紹介!

 

 

春夏にオススメ紅茶のひとつにスリランカ・ヌワラエリヤという紅茶があります。

スリランカ国内では一番標高が高い位置に茶園があるエリア(紅茶の産地)です。

 

 

ティースタイルでは「ラバーズリープ茶園」をよく使っております。ヌワラエリヤ屈指の銘茶園の紅茶です。

 

ヌワラエリヤの紅茶は「セイロンティーのシャンパン」と呼ばれておりますが、繊細で独自の花香と緑っぽい香りが特徴的で私も大好きな紅茶のひとつです。

 

 

まだ肌寒いこの時期は、ストレートで、少し蒸し暑くなってきますと、アイスティーにするとと~~ても美味しい紅茶。まさに春夏に大活躍できちゃう紅茶のひとつなのです。

 

レッスン時にご紹介して今年の春夏紅茶セレクションにも入っております。

2775053

 

先日のブログでもご紹介しましたが、私がヌワラエリヤに行った時の茶園風景。

そう、この茶摘みをされている女性たちの手によって最高品質の紅茶が採られて、やがて私たちのティータイムにやってくるのです。

 

 

春夏になり、より美味しく感じる紅茶、より飲みたくなる自然と欲する紅茶が変化していきます。

レッスンを通じて、そんな紅茶の奥深さ、日常的にどうやってもっと紅茶を楽しんでいったらいいのか?こんな風に楽しめちゃいますよ~。という秘訣やコツをお伝えしていっております。

 

レッスンに関するご予約・お問い合わせ・取材/メディア掲載についてのお問合せ先

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627

(今朝の紅茶)お花見時期にオススメの紅茶

こんにちは。紅茶教室ティースタイルです。いつもご訪問ありがとうございます。

 

 

今朝の紅茶は「ヌワラエリヤ」

 

高地産のさわやかでさっぱりとした紅茶です。淡い水色(紅茶色)が春らしい!和菓子にもとてもあうヌワラエリヤは、日本人好みで、この時期はとくに人気が高くオススメの紅茶です。

 

ヌワラエリヤ地区屈指の銘茶園「ラバーズリープ茶園」の紅茶です。スリランカ国内でも標高が1800mクラスの山々に茶園が位置しています。

2888032

スリランカへ行った時に購入してきたノリタケに注いで・・・スリランカにはノリタケの工場とアウトレットストアなどもあるんです。

 

4月のワークショップはセイロンティーがレッスンテーマですので、ノリタケも登場しま~す。

 

マンスリーワークショップ「お花も紅茶も楽しむコラボスタイル」

4月度テーマは

「リプトン紅茶とセイロンティーで春の紅茶時間」&「バラ尽くし」

春らしい簡単にできちゃうアレンジティーもお楽しみいただきます。お花は4月が旬のバラがテーマ、バラ尽くしのアレンジメントです。

 

(日時)

4月15日(土)13時半~16時

4月16日(日)13時~15時半

(レッスン代)

6500円

*すべての材料費、花材、テキスト代、お土産紅茶付き、ティータイム、写真撮影込み。

(場所)

自由が丘ジューズブルーム

 

(ご予約・ご質問などお問合せ)

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627