【再投稿】インフルエンザ予防に!紅茶や緑茶

こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

 

 

 

「紅茶の楽しみ方は十人十色、お茶は暮らしを楽しむエッセンス」をモットーに、紅茶&日本茶、お茶の魅力や楽しみ方をギュっとお伝えしております☆彡

 

 

 

ティーアドバイザー&日本茶アドバイザー小林です。

いつもご訪問ありがとうございます。

(Private Blogは、アメブロにてつづっております⇒

 

まだまだインフルエンザ蔓延中ですね。

今度は、インフルエンザB型も流行ってきたり、大人も子供もインフルエンザAにかかっている方が非常に多いです。

 

受験シーズン本番なので、こちらの投稿を再度UPさせていただきますね。ご参考に。

 

インフルエンザ予防にお茶うがい、お茶も飲みましょう!

からから空気が乾燥して、インフルエンザ蔓延、大流行中。

 

 

今週末は大学センター試験もやってきますね。1月末から2月頭は受験本番、受験シーズン。

親子で、ご家族で体調管理に励んでいるかと思います。

 

 

 

 

 

毎年、秋から書いている「紅茶うがい/緑茶うがい」記事。

 

無理やりお茶や紅茶に結び付けているわけではなくって、、、インフルエンザウイルス増殖を防ぐのに紅茶や緑茶(煎茶)が有効なんです。

 

モチロン、薬ではありませんので、あくまでも予防のひとつとして。です!

 

o0529066114339397166

こちらは、日本の紅茶「べにふうき紅茶」をベースに、福岡八女のほうじ茶、鹿児島煎茶をほんのちょっといれて作ったインフルエンザ予防対策のMYオリジナルティー。

 

冷めても渋みが出にくく、保温ボトルに入れて持ち歩きにも便利!

 

 

紅茶の温め効果でポカポカ、温活。お茶をよく飲むって喉の保湿にもなりますね。

 

 

 

 

さて、話しは戻りますが、

そんなに一日に何杯もお茶飲めないな~と思っても、

朝淹れた紅茶や煎茶で「うがい」をするだけでもOK.

飲み残ってしまったら、ぜひうがいに活用してみてくださいね。

 

カテキンパワー、紅茶ポリフェノールパワー

お茶のもつ成分「カテキン」は、かなり強い殺菌作用や抗ウイルス作用なども含まれております。

 

 

そのカテキンが、インフルエンザのウイルスが粘膜に吸着するのを防ぐ作用があるそうです。

 

 

 

そして、紅茶のポリフェノール(テアフラビン)がインフルエンザの感染力を奪うこともわかっております。

o0819054714339397171

また、型にかかわらず緑茶カテキンや紅茶ポリフェノール(テアフラビン)がウイルスに吸着して、感染を阻害するそうです。

 

 
以下、日本紅茶協会HP(⇒) 医学博士 中山幹男先生の記事を抜粋してみました。

 

「紅茶ポリフェノール」は、インフルエンザの感染力を奪います。

茶に含まれる成分のカテキン類が発酵過程で変化し、「紅茶ポリフェノール」が生まれます。
この「紅茶ポリフェノール」が、インフルエンザウイルスの感染力を奪います。

15秒でウイルスを殺す紅茶の力。

市販の紅茶を使った実験では、通常飲む紅茶の濃度で十分。
インフルエンザウイルスの感染性をわずか15秒で99.9%失わせることが可能です。

新型インフルエンザウイルスにも効果を発揮。

インフルエンザウイルスは、毎年変化しています。
昨年のインフルエンザには免疫があっても、今年のインフルエンザには効力がないということもあります。
紅茶ポリフェノールは生きたウイルスに吸着能力を発揮。
インフルエンザウイルスA型(トリ、ブタ、ウマ、ヒトを含む)、B型、昔のウイルス、今の「新型」問わず、すべてのインフルエンザウイルスに顕著な効果が認められます。

 

 

 

 

古来より、「茶」は薬として崇められていました。

現在、私たちの生活にもそんなお茶のもつ力が手助けしてくれることが多いんだなあと実感します。

 

 

 

 

お茶は、飲んで美味しく、心も喉も潤してくれます。

紅茶も日本茶もどこでも簡単に手に入りますから、ぜひ、毎日に取り入れてみてくださいね。

 

 

 

最後までご一読くださりありがとうございます。

Tea for your happy days!!

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo で検索してみてくださいね!

 

 

 

 

 

教室概要・講師紹介・メディア掲載について⇒「教室概要

レッスン内容・日時など詳細⇒「レッスンスケジュール」でご確認いただけます!

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627

インフルエンザ予防に!紅茶や緑茶

こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

 

 

 

「紅茶の楽しみ方は十人十色、お茶は暮らしを楽しむエッセンス」をモットーに、紅茶&日本茶、お茶の魅力や楽しみ方をギュっとお伝えしております☆彡

 

 

 

ティーアドバイザー&日本茶アドバイザー小林です。

いつもご訪問ありがとうございます。

(Private Blogは、アメブロにてつづっております⇒

 

インフルエンザ予防にお茶うがい、お茶も飲みましょう!

からから空気が乾燥して、インフルエンザ蔓延、大流行中。

 

 

今週末は大学センター試験もやってきますね。1月末から2月頭は受験本番、受験シーズン。

親子で、ご家族で体調管理に励んでいるかと思います。

 

 

 

 

 

毎年、秋から書いている「紅茶うがい/緑茶うがい」記事。

 

無理やりお茶や紅茶に結び付けているわけではなくって、、、インフルエンザウイルス増殖を防ぐのに紅茶や緑茶(煎茶)が有効なんです。

 

モチロン、薬ではありませんので、あくまでも予防のひとつとして。です!

 

o0529066114339397166

こちらは、日本の紅茶「べにふうき紅茶」をベースに、福岡八女のほうじ茶、鹿児島煎茶をほんのちょっといれて作ったインフルエンザ予防対策のMYオリジナルティー。

 

冷めても渋みが出にくく、保温ボトルに入れて持ち歩きにも便利!

 

 

紅茶の温め効果でポカポカ、温活。お茶をよく飲むって喉の保湿にもなりますね。

 

 

 

 

さて、話しは戻りますが、

そんなに一日に何杯もお茶飲めないな~と思っても、

朝淹れた紅茶や煎茶で「うがい」をするだけでもOK.

飲み残ってしまったら、ぜひうがいに活用してみてくださいね。

 

カテキンパワー、紅茶ポリフェノールパワー

お茶のもつ成分「カテキン」は、かなり強い殺菌作用や抗ウイルス作用なども含まれております。

 

 

そのカテキンが、インフルエンザのウイルスが粘膜に吸着するのを防ぐ作用があるそうです。

 

 

 

そして、紅茶のポリフェノール(テアフラビン)がインフルエンザの感染力を奪うこともわかっております。

o0819054714339397171

また、型にかかわらず緑茶カテキンや紅茶ポリフェノール(テアフラビン)がウイルスに吸着して、感染を阻害するそうです。

 

 

 
以下、日本紅茶協会HP(⇒) 医学博士 中山幹男先生の記事を抜粋してみました。

 

「紅茶ポリフェノール」は、インフルエンザの感染力を奪います。

茶に含まれる成分のカテキン類が発酵過程で変化し、「紅茶ポリフェノール」が生まれます。
この「紅茶ポリフェノール」が、インフルエンザウイルスの感染力を奪います。

15秒でウイルスを殺す紅茶の力。

市販の紅茶を使った実験では、通常飲む紅茶の濃度で十分。
インフルエンザウイルスの感染性をわずか15秒で99.9%失わせることが可能です。

新型インフルエンザウイルスにも効果を発揮。

インフルエンザウイルスは、毎年変化しています。
昨年のインフルエンザには免疫があっても、今年のインフルエンザには効力がないということもあります。
紅茶ポリフェノールは生きたウイルスに吸着能力を発揮。
インフルエンザウイルスA型(トリ、ブタ、ウマ、ヒトを含む)、B型、昔のウイルス、今の「新型」問わず、すべてのインフルエンザウイルスに顕著な効果が認められます。

 

 

 

 

古来より、「茶」は薬として崇められていました。

現在、私たちの生活にもそんなお茶のもつ力が手助けしてくれることが多いんだなあと実感します。

 

 

 

 

お茶は、飲んで美味しく、心も喉も潤してくれます。

紅茶も日本茶もどこでも簡単に手に入りますから、ぜひ、毎日に取り入れてみてくださいね。

 

 

 

最後までご一読くださりありがとうございます。

Tea for your happy days!!

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo で検索してみてくださいね!

 

 

 

 

 

教室概要・講師紹介・メディア掲載について⇒「教室概要

レッスン内容・日時など詳細⇒「レッスンスケジュール」でご確認いただけます!

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627

食べる日本茶で秋養生ワークショップ

こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

 

 

「紅茶の楽しみ方は十人十色、お茶は暮らしを楽しむエッセンス」をモットーに、紅茶&日本茶、お茶の魅力や楽しみ方をギュっとお伝えしております☆彡

 

 

 

ティーアドバイザー&日本茶アドバイザー小林です。

いつもご訪問ありがとうございます。

 

 

先月の食べる日本茶で「秋養生」ワークショップ。

 

お茶は、まさに古来より不老長寿の薬として崇められていましたが、現代においても「酸化&糖化」をうま~く防いでくれるのはお茶の効能、カテキンパワーのおかげです。

(だからといって、お茶だけ飲めばよい、カテキンだけ採ればよい。ではないのは、皆さんご理解いただけますよね~^^)

o0951169114276523313

Chaichiワークス市川先生&食卓のしをり佐藤先生のコラボワークショップでした。

(最強コラボワークショップ!)

 

 

ウェルカムティーの宇治おくみどりからスタートし・・・八女白折れの冷茶や後発酵のごいし茶やくろもじ茶、陸前高田のお茶など、お茶も沢山いただきながら、佐藤先生プロデュースの旬を感じる茶葉料理を味わってきました。

ごいし茶は、乳酸菌たっぷりなんですよ~~。漬物、すんき漬けみたいな味です。お食事にも合うし意外と癖になります。

 

 

食欲の秋は、がくっと夏の疲れも出てきますね・・・今年は特に危険な猛暑だったので今頃疲れたな~なんて方も多いはず。

美味しくヘルシーな物を食べて、来るホリデーシーズン年末に備えたいところです。

 

 

茶殻の下処理から教えていただきました。by佐藤先生 (IG:  食卓しをり siwori17)

佐藤先生は、日本茶インストラクターとしても市川先生と同じく多方面でご活躍中。インスタの投稿も綺麗なお写真とほっこりしてとっても素敵なんです。

お茶は飲んだ後、こうやって茶殻も食べることができます。最近、茶葉を使ったお料理も色々と増えてきているので実際に作られたり、「食べたことある―!」て方も多いと思います。

 

 

残念ながら、紅茶の茶殻は固いので食べるのには不向きですが、紅茶葉を活用したお料理やお菓子作り、抽出して紅茶煮豚(角煮)、紅茶煮卵などなどと使うことができます。

 

 

そのむかーし、私が紅茶烏龍茶輸入業をしていた商社勤務勤め、某茶飲料メーカーさんからも「お茶(茶殻)が食べられる」と教えていただいた時の衝撃は、今でも懐かしく思い出します(笑)

 

 

さて、話は戻りまして。

旬のさんまや栗など秋の食材をつかったお料理、最後のデザートまでお茶を使ったお茶尽くしでした。

 

 

 

前々からかなり気になっていたマルヒデ岩崎製茶の「茶あ飯の素」を使った焼きおにぎり!

実山椒味噌も効いて美味しかった~。そして、お茶に合う・・・おにぎり&お茶の最強コンビだなあ~。

早速、購入したのでおうちでも焼きおにぎり作ってみました。

 

 

 

最後のデザートは、釜炒り茶の寒天と和梨。秋らしいスイーツですね。

お茶効果でよりさっぱりとして口直しデザートとして最高でした。

こういうのフレンチなどでも出てきたら良さそうですねっ。

 

 

お茶は、飲んでも美味しく、食べても美味しい。そして、誰もがどこでも簡単に購入できるという点も素晴らしいもの。お茶はまさにwell-beingであり、アンチエイジングみたいなものですね。

 

最後までご一読くださりありがとうございます。

Tea for your happy days!!

 

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo  で検索してみてくださいね!

 

レッスン内容・日時など詳細⇒「レッスンスケジュール」でご確認いただけます!

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627

紅茶やお茶の抗菌作用

こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

いつもご訪問ありがとうございます。

 

 

最近、O157による食中毒が出ておりますね。

私は、食品衛生責任者でもありますが、資格習得の講習会でも「O157」については丁寧に説明されていた記憶が鮮明に残っております。その際にお茶のカテキンO157についての関係もレクチャーがありました。

 

⇒ とにかく、O157による被害を出さぬよう。という強い注意喚起ですね!

 

 

真夏以外でも真冬もノロウィルスなど蔓延しますし、梅雨時期など湿度が高い時期も食中毒など多く被害が出てきがち。常に気を引き締めて気を付けたいですね。

 

 

 

お茶(紅茶・緑茶)に含まれる成分が強い抗菌作用もあるのです。

そして、お茶のカテキンによる抗菌作用は多く使われるようになりました。

2932260

紅茶や日本茶に含まれるカテキンやタンニンなどがO157、サルモネラ菌、ボツリヌス菌やインフルエンザウィルスの死滅に効果があると立証されております。

 

 

昨年の新聞記事にも掲載されておりましたが、ノロウィルスにも効果があるのではないか?という実験も行わてれているようです。

 

 

 

*余談ですが、水虫の菌には「紅茶」が有効なんですって!紅茶抽出液に足つけて殺菌してみてください。

 

 

 

 

話は戻りまして・・・・・

 

 

また教本をじっくりと読み返してみました。

2932262

生食文化が根付いている日本では、やはり、通年、食中毒の危険性が伴ってしまいます。

 

 

 

お寿司を食べる時に最後に緑茶(煎茶)を飲むことは、食中毒予防にもなるので理にかなったことなのです。

2928098

 

 

また、水や衛生状態の悪い国で紅茶やお茶が愛飲されているのは、お茶が持つ抗菌作用、殺菌作用を生活の実体験、生活の知恵から自然と身に付けてきたものなのですね。

 

 

 

最近では多く知れ渡っておりますが、紅茶のポリフェノール成分がインフルエンザウィル減少に大きな効果がある。というのも科学的にも立証されています。

 

2915225

と、挙げると、紅茶や緑茶ってなんてすばらしい成分ばかり含まれているのでしょう!

(しかもノンカロリーだしっ)と惚れ惚れしてきます。

 

 

 

古いお茶のバイブル的書物「喫茶養生記」にもお茶の効能について多く語られております。

21世紀になった今でも、紅茶やお茶は、心身ともに健やかにしてくれる「魔法ドリンク」ともいえるでしょうか。

 

 

 

 

お茶のある暮らし、それは、とっても身近にある嗜好品「お茶(紅茶)」が私達に与えてくれるヘルシー生活のきっかけに一つかもしれません。

 

 

疲れが出やすい夏の終わり。美味しい紅茶やお茶で喉を潤しながら、ホッと一息ついて心身ともに健やかに過ごしていきませんか??

 

 

どうぞご自愛くださいね。

 

 

最後までご一読くださりありがとうございます。

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo  で検索してみてくださいね!

 

★9月のレッスンご予約受付中★

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627