(暮らしのなかのティータイム)ライラックとダージリン

こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

「紅茶の楽しみ方は十人十色、お茶は暮らしを楽しむエッセンス」をモットーに、紅茶&日本茶、お茶の魅力や楽しみ方をギュっとお伝えしております☆彡

ティーアドバイザー&日本茶アドバイザー小林です。

いつもご訪問ありがとうございます。

(Private Blogは、アメブロにてつづっております⇒

おもてなし美人を目指す、大好評開催中!「紅茶でおもてなしレッスン」

紅茶のプロによるレッスン「わかりやすい!楽しい!ちょっとオシャレで実用的、暮らしに役立つ!」ご好評いただいております。

教室主宰の先生・サロネーゼさま、サロンやカフェオーナー、

各種サロン&カフェ開業準備中の方に特化した講座⇒

紅茶でおもてなし4回レッスン

紅茶すきな方、はじめての方、趣味で楽しみたい方、もう一度習いたい方向け⇒

Life with Tea おうちカフェ・おうちDEアフタヌーンティーレッスン

花と紅茶のある暮らし

ライラックとダージリンセカンドフラッシュ

花と紅茶、

花とお茶はベストパートナー、鉄板な組み合わせ。

昔より華道と茶道の密接な関係性があるように、

お花と紅茶(お茶)は絶妙な組み合わせ。

季節のお花を一輪添えるだけで、

ごくごく普通の自宅も(我が家の事ですが)パッと華やぎ、空気感も和みます。

日本茶にも新茶の季節が毎年やってきますが、

紅茶にも産地ごとに旬の時期があります。

そう!

季節のお花と同じで、

身近な紅茶からも季節を大いに感じ取ることができるのです。

繊細で甘いかおりのダージリンセカンドフラッシュ

八重の藤色(紫)ライラック

さて、

日本でも人気が高い紅茶は、

「ダージリン」 です。

その中でも、セカンドフラッシュと呼ばれる夏摘み茶は、

マスカテルフレーバーと呼ばれる甘いフルーツ(ぶどうや柑橘系)のような香味が

一番特徴的に現れます。

今年は、コロナ禍の影響もありますので、

2020年のファーストフラッシュ(春摘み茶)も少ないお目見えになっております。

セカンドフラッシュもどうか無事に日本にやってくると良いのですが。

買ってきたこのライラックの可憐な華やかさに、

ダージリンが似合うなあとピンとひらめいて、

ハマスレーが似合うなあと、アンティークハマスレーに

ダージリンを淹れてみたくなりました。

アンティークハマスレーとダージリン&ライラック

うっすらと薫るライラックの花と

ダージリンの夏摘み茶(セカンドフラッシュ)の甘いフルーティーな香りも

よく合います。

ライラックの花言葉は「思い出」「友情」

そして、

紫のライラックは「初恋」

繊細かつフルーティーな甘さを持つダージリンは、

ライラックに似ているかもしれませんね。

さいごに

花と紅茶のある暮らし。

日々の毎日にそっと寄り添って、心も潤してくれるもの。

紅茶もお花も、

ごく私たちの身近にあって、極上の「癒しツール」でもあります。

ダージリンの2020年摘みも

まもなく日本にやってきます。

その時には、

自然の恵みを大いに楽しませていただきたいですね。

最後までご一読くださりありがとうございます。

Tea for your happy days!!

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo で検索してみてくださいね!

教室概要・講師紹介・メディア掲載について⇒「教室概要

レッスン内容・日時など詳細⇒「レッスンスケジュール」でご確認いただけます!

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627

(きょうの紅茶、今朝の紅茶)にほんの紅茶でおうちカフェ

こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

「紅茶の楽しみ方は十人十色、お茶は暮らしを楽しむエッセンス」をモットーに、紅茶&日本茶、お茶の魅力や楽しみ方をギュっとお伝えしております☆彡

ティーアドバイザー&日本茶アドバイザー小林です。

いつもご訪問ありがとうございます。

(Private Blogは、アメブロにてつづっております⇒

おもてなし美人を目指す、大好評開催中!「紅茶でおもてなしレッスン」

紅茶のプロによるレッスンが「わかりやすい!楽しい!ちょっとオシャレで実用的、暮らしに役立つ!」と、2006年教室オープン以来長年好評いただいております。

教室主宰の先生・サロネーゼさま、サロンやカフェオーナー、各種サロン&カフェ開業準備中の方に向け講座『紅茶でおもてなし4回レッスン

はじめての方、趣味で楽しみたい方、もう一度習いたい方向け⇒「Life with Tea おうちカフェ・おうちDEアフタヌーンティーレッスン

日本の紅茶~最近美味しくなっています!

メイドインジャパン。

日本でも紅茶作りをしています。

「和紅茶」と呼ばれている紅茶です。

静岡産和紅茶

カネトウ三浦園さんの和紅茶。

「べにふうき」という紅茶用品種で作られた夏摘み紅茶。

スリランカやインド、ケニア紅茶などと比べると渋みが圧倒的に少ないので、紅茶苦手派、普段は日本茶派って方にもオススメです。

そして、

日本の紅茶(和紅茶)は、基本的にはミルクティー向きではなく、ストレートティーとして飲むのがもっとも美味しい軽やかな紅茶ですので、春夏にオススメ。

ここ10年くらいで飛躍的に味や香りの向上が著しい和紅茶。

どんどん進化し続けて美味しくなってきています。

アイスティーや水出し紅茶にも!

軽やかなテイストの和紅茶は、アイスティーや水出し茶にも向いております。

冷めても美味しい和紅茶は、渋みが圧倒的に少ないから。

そして、

「クリームダウン」というアイスティー作りで生じてしまう

大きな失敗現象も、実は和紅茶ではしづらいのです。

(嬉しいでしょ!)

まとめ

最近では、スーパーでも和紅茶・日本の紅茶・国産紅茶として種類が増えて、買いやすくなってきました。

和紅茶は、無農薬栽培や有機栽培をされているものが多いのも特徴的。

お茶の真骨頂である「美味しくヘルシー」を和紅茶からも味わえます。

おうちカフェ、おうちでティータイムも増えている今日この頃。

和紅茶もぜひご自宅であじわってみてはいかがでしょうか?

渋みの少ない和紅茶は、冷めても美味しい

最後までご一読くださりありがとうございます。

Tea for your happy days!!

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo で検索してみてくださいね!

教室概要・講師紹介・メディア掲載について⇒「教室概要

レッスン内容・日時など詳細⇒「レッスンスケジュール」でご確認いただけます!

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627

(暮らしのなかのティータイム)Enjoy Stay Home!

こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

「紅茶の楽しみ方は十人十色、お茶は暮らしを楽しむエッセンス」をモットーに、紅茶&日本茶、お茶の魅力や楽しみ方をギュっとお伝えしております☆彡

ティーアドバイザー&日本茶アドバイザー小林です。

いつもご訪問ありがとうございます。

(Private Blogは、アメブロにてつづっております⇒

おもてなし美人を目指す、大好評開催中!「紅茶でおもてなしレッスン」

紅茶のプロによるレッスンが「わかりやすい!楽しい!ちょっとオシャレで実用的、暮らしに役立つ!」と、2006年教室オープン以来長年好評いただいております。

教室主宰の先生・サロネーゼさま、サロンやカフェオーナー、各種サロン&カフェ開業準備中の方に向け講座『紅茶でおもてなし4回レッスン

はじめての方、趣味で楽しみたい方、もう一度習いたい方向け⇒「Life with Tea おうちカフェ・おうちDEアフタヌーンティーレッスン

ゆったりしてうち時間を居心地よくするティータイム

カングラの紅茶をいれて

昨日(4/18)より土日に再放送が始まったドラマ「JIN仁」

Twitterでも物凄く反響があったようです。

今、タイムリーな内容で、とても心に染みて突き刺さるストーリー。

物資がない江戸時代と、何でもある令和、2020年。

あまりにも大差ないのかもしれないなあとしみじみ考えさせられました。

紅茶をおともに、のんびりとテレビをゆるっと見るのも悪くないな。と。

チラっとでしたが、「お茶(緑茶)」のカテキンを活用して、消毒するシーンも出ていました。

ドラマ「JIN」より。お茶のカテキンで消毒を試みるシーン
緑茶で消毒するシーン

いまでも緑茶のカテキン、紅茶のテアフラビン(ポリフェノール)には、様々な効果効能があるとされております。

現在品切れの食品添加物某アルコール消毒液(←私も使っておりましたが、購入できません・苦笑)にも緑茶カテキンが使われているものもありますから、

江戸時代には、実際にこんな風にお茶で消毒をしていたかもしれませんね。

昔、コレラが蔓延したイギリスでも、生水を飲まないよう湯を沸かして紅茶をいれ、沢山紅茶が飲まれるようになったとも言われております。

そんなことも紅茶を飲みながら観ていたJINでした。

まだまだ再放送が楽しみです。

家時間、悪くない!(笑)

紅茶やお茶って、美味しいだけではなく、持ち前の抗酸化力や消臭、殺菌効果などなどものすご~い底力があるもで、長年、世界中で愛され続けているのではないかなあと思います。

カングラティーとは

さて、

「カングラ」という紅茶はみなさんご存知でしょうか?

インドにある産地ですが、ダージリンと同じくヒマラヤ山麓にあり地域です。

軽やかで少しお花のように甘い香り、青々とした香味もある紅茶ですので、和菓子に合わせても美味しい紅茶なのです。

渋さがマイルドで、少し冷めても美味しい。

NIKKOのヴィンテージカップに注いだカングラティー

激しい風雨後の青空。

こんなきれいなお空の下で、

伸び伸びと暮らしていける平穏な日々が一日も早くもどってきますよう、

今はコロナ収束にむけて、おうち時間をエンジョイしていきましょう。

最後までご一読くださりありがとうございます。

Tea for your happy days!!

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo で検索してみてくださいね!

教室概要・講師紹介・メディア掲載について⇒「教室概要

レッスン内容・日時など詳細⇒「レッスンスケジュール」でご確認いただけます!

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627