こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

 

 

 

「紅茶の楽しみ方は十人十色、お茶は暮らしを楽しむエッセンス」をモットーに、

紅茶&日本茶、お茶の魅力や楽しみ方をギュっとお伝えしております☆彡

 

 

ティーアドバイザー&日本茶アドバイザー小林です。

いつもご訪問ありがとうございます。

 

 

 

(Private Blog:アメブロ⇒ note:⇒★★

紅茶通信講座スタート⇒ 紅茶通信講座申込み

ネットショップ⇒ BASEネットショップ

 

 

 

 

            

冬至のティータイム

冬至に柚子ティー

 

 

柚子の香りは、冬の薫り。

 

 

今年も残り10日ほどとなってきましたね。

 

 

本日は、冬至。

 

1年で昼間が一番短い日です。

 

私が住む東京では、17時では真っ暗。

 

16時半過ぎると急に「夜」に向かっていきますので、

 

夕方はとかく気忙しくなったり、

 

たそがれな夕暮れ時には、人恋しくなったり、

 

すこ~しだけ寂しい気持ちにもなったりしますね(笑)

 

 

気持ち、気分も夜モードへシフト。

 

 

 

 

冬至は、夜が一番長い日ですから、昔から厄払いとして、

 

体を温めて(=ゆず湯につかる)無病息災を願ったそうですが、

 

現代でも、とくに2020年では、

 

そんな無病息災、厄払いは重要ですね!

 

20201103_155805

忙しい時ほど、あえて、温かな紅茶でほっと一息、

 

 

そんなリセット時間を作りたいな~。

 

 

 

 

それにしても、

 

 

冬至の習わしのように、昔から受け継がれている事には、

 

大きなきちんとした意味があるんだな~と実感します。健康にいい!柚子(ゆず)に含まれる栄養と健康効果7選について - 健康にいい!

 

本日は、冬至ならでは、ゆず湯にしっかりとつかって、

 

ゆずティー(柚子を使った紅茶)も楽しんで、

 

 

かぼちゃの煮物も作ります。

 

 

888個の「ゆず湯キャンペーン」開催!全国の「極楽湯」で入館無料券などプレゼント | 温泉部

 

 

 

ゆずの紅茶におすすめな茶葉とは?

 

 

さて、「柚子」に合う紅茶葉ですが、

 

 

 

 

スリランカのキャンディやインドのニルギリがオススメです。

 

 

(ぜひ、癖のない茶葉を選んでください!)

 

 

とくにニルギリは、

 

 

柑橘系果物(レモンやグレープフルーツ、みかん、オレンジ等)

 

 

との相性抜群ですよ。

 

 

身近な果物である「柑橘類」、

 

ぜひ紅茶と合わせてお楽しみくださいね。

ニルギリ&キャンディーを使った柚子ティー

 

 

 

 

 

さいごに

 

 

「柚子の香りは、冬の薫り」

 

 

そして、「温かな紅茶は、冬の味覚」でもあります。

 

今では一年中手に入る「柚子」ではありますが、

 

 

柔らかな柚子の香りから、冬の木漏れ日や、キーンとする冬の晴れ間や

 

 

お正月を連想できます。

 

 

 

優しく薫る「柚子」を使った柚子の紅茶で、

 

 

ほっと一息ティータイム。

 

 

年末のあわただしさを一瞬忘れてみるのもいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

最後までご一読くださりありがとうございます。

Tea for your happy days!!

 

 

 

 

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo で検索してみてくださいね!

 

 

 

 

教室概要・講師紹介・メディア掲載について⇒教室概要

 

 

 

 

紅茶通信講座・レッスン内容など詳細⇒レッスンスケジュールでご確認いただけます!

 

 

 

 

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中