こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

ティーアドバイザー&日本茶アドバイザーのブログへようこそ!

いつもご訪問ありがとうございます。

 

 

「紅茶の楽しみ方は十人十色、お茶は暮らしを楽しむエッセンス」をモットーに、

お茶の魅力や楽しみ方をギュっとお伝えしております☆彡

 

 

先月まで通っていた勉強会。勿論、お茶について、教室運営に関することです。

(振替分が残っているので、あと1回、濃密に勉強してきます!楽しみ)

 

 

ウェルカムティーで、台湾茶を皆でいただきました。

o0515077214226698479[1]

思わずジャケ買いしちゃいそうな台湾茶。

 

何茶だったか、結局、不明。

皆で「なんだろね?」と言いながらも、結果、よくわからなかったのですが(記載なしでした)香りと味から推測するに凍頂烏龍茶のような気がします。

 

 

台湾茶の醍醐味は、何といっても、「香りの余韻」を楽しむことです。

香りを聞く。と書いて、聞香杯(もんこうはい)でお茶をいただく事が多い台湾茶ですが、のんびりゆっくり~と、香りと味の変化を体感しながら、かなり時間をかけて味わいたい銘茶が多いです。

 

 

クチナシによく例えられますが、蘭やクチナシのような香り、桃のような香りが豊かに広がるものが特徴的です。女性ファンも多いです。

 

 

いただいたこのお茶は、3煎目くらいが、ちょうど香りもたってきて香りの膨らみがありました。

 

 

一番遠方よりお越しの『サムライ』さんより差し入れの竹炭ごま饅頭。

ものすごーく「黒ゴマ」感が強いものでした。栄養満点で皆で歯が黒くなって食べていました。

o1440192014226698482[2]

ご苦労さん=ご黒うさん、思わず疲れも吹き飛びそうなネーミングですね。

 

 

麗しの台湾茶、晩秋くらいが台湾茶美味しく感じる季節です。そのころに、また講座設定しよっかな~~。

 

自分のためのお茶時間、誰かと語らうためのお茶時間、ゲストをおもてなしするためのお茶。など、お茶がある時間、お茶のある風景は様々。楽しみ方は十人十色、TPOに合わせて自在に変化させられるのが「お茶」の最大の魅力。

 

 

最後までご一読くださりありがとうございます。

お茶のある暮らしで自分らしく毎日『リセット&リラックス』Tea for your happy days!!

 

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo  で検索してみてくださいね!

 

レッスン内容・日時など詳細⇒「レッスンスケジュール」でご確認いただけます!

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中