こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

いつもご訪問ありがとうございます!

 

 

身近な紅茶で気取らず気軽な癒しのティータイム。

「紅茶の楽しみ方は十人十色」をモットーに、紅茶の基本や奥深さを様々な側面からお茶の魅力をお伝えしております☆彡

 

 

さて、本日冬至なので「ゆず」を使ってお茶2種類を淹れてみました。

簡単に柚子皮を使っています。今宵は、柚子湯のお風呂も楽しみです。

 

 

 

『柚子の紅茶』

スリランカ、ヌワラエリアベースのブレンドティーに柚子皮を浮かべて。

DSC04918

ヌワラエリヤは、私の大好きな紅茶のひとつ。そのせいか、時々、無性~に飲みたくなります。冬の乾燥シーズンにもこんな軽やかな紅茶もいいですよ~。

 

 

標高1800mクラスに位置するヌワラエリヤから生まれる紅茶は、淡い水色(すいしょく・お茶の色の事を意味します)繊細な味わい。

そんな繊細なヌワラエリヤにフレッシュなゆず香もピッタリきました。

 

 

もし、生柚子がなければ、

柚子茶、ゆずジャムなどで代用も手軽でいいと思いますよ~。おうちにあるものでぜひ!

 

 

柑橘類はとってもお茶に合います。レモン、オレンジ、ゆず、みかんなど。

アールグレイの「ベルガモット」も柑橘類です。

 

 

冬場でしたら、ゆずやみかんを使うといいですね。冬の味覚、冬の薫り「ゆず」「みかん」

DSC04923

ゆずやみかんの自然で柔らかな香りが紅茶や煎茶にもしっくりピッタリ合うのです。

 

 

 

 

『ゆずの煎茶』

 

静岡の普通煎茶(浅蒸し)にゆず皮を入れたもの。「まちこ」煎茶と合わせてみても良さそうです。

 

生の柚子皮を使うことによって、香り立ち抜群。皮をすりおろしてもいいし、ちょっと切っていれるだけでも十分。

こんな風に、本当に簡単ですのでぜひお試しになってくださいね。

(煎茶は、湯の温度70度~80度くらいで淹れてみてください。)

DSC04922

 

 

体を温め、邪気を払うという柚子。

冬は乾燥して寒く風邪や感染症も流行る季節。そんな時期に、体を温める柚子を取ることは理にかなっていますね。

 

 

お茶は身近にある嗜好品。

気負わず楽しいティータイムをどうぞ!

 

 

 

 

最後までご一読くださりありがとうございます。

 

 

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo で検索してみてくださいね!

 

 

レッスン内容・日時など詳細⇒「レッスンスケジュール」でご確認いただけます!

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中