こんにちは。東京世田谷の紅茶教室ティースタイルです。

いつもご訪問ありがとうございます!

 

 

身近な紅茶で気取らず気軽な癒しのティータイム。

「紅茶の楽しみ方は十人十色」をモットーに、紅茶の基本や奥深さを様々な側面からお茶の魅力をお伝えしております☆彡

 

 

少しご無沙汰していたこちらのティースタイル公式ブログですが、インスタはほぼ日々更新しています。

@teastyle_tokyo 「紅茶教室ティースタイル」です。インスタもよろしくお願いします!

 

 

DSC04908

さて、常緑樹クリスマスリース、フレッシュリースがやっぱり作りたくなって、世田谷フラワーサロン「コベントガーデン」のいずみ先生にお願いしてレッスン受けてきました。

 

 

 

リース、モリモリ(森森)~でかわいいです(自画自賛ですねっ)

 

 

ガーデニング本場イギリスでしっかりお花勉強をされてきており、生け花もフラワーアレンジメント、アーティフィッシャルやハーバリウムなど幅広く「花」に特化した先生。

なんと、いずみ先生とは共通の友人やママ友がいたりという繋がり、ご縁があって、今年お知り合いになれたのも必然だったのだろうな~って思っております。

 

 

 

脱線しましたが、話はリースに戻りまして。

シンプルにグリーンのみがいいな~とお願いし、飾り無しでゴールドのシンプルなリボンのみで仕上げました。

DSC04915

帰宅後は撮影(笑)

 

 

紅茶を淹れてリースとともに。

 

 

モチロン、ティースタイルのオリジナルクリスマスティー2017年版です。

 

やっぱり作って良かった~、楽しかった~。やっぱり、紅茶によーく合いますね。

 

DSC04896

紅茶と一緒に写真を撮りたいな~と思っていましたが、アーティフィッシャルだとイマイチしっくりこなくって、それはそれで勿論かわいいし良いのだけど。

 

 

 

やっぱり生花、フレッシュリースが欲しくなりました。

 

紅茶と生花(お花)は、華道と茶道のような密接な関係性があります。なぜか不思議とお花にはコーヒーではなく紅茶、お茶がしっくりとあうものなのですね、植物同士の力でしょうか・・

 

 

 

柿右衛門しかり、その影響を大きく受けてマイセンほか西洋陶磁器、茶道具(茶碗、ティーカップ、ポットなど)には、古今東西で花が描かれているものが多いのです。

 

 

 

 

いずみ先生は、11月のティースタイルのクリスマスレッスンにご参加いただいているのでオリジナルクリスマスティーも完成していらっしゃいます。きっと、レッスンやクリスマス本番にお楽しみいただけると思います。

 

 

 

シンプル&ナチュラルテイストリースなので、クリスマス後もしばらく楽しみたいな~と思います。

 

フレッシュリースのいい薫りと紅茶でますますほっとして癒されます。

 

 

最後までご一読くださりありがとうございます。

 

 

インスタにも投稿中:@teastyle_tokyo  で検索してみてくださいね!

 

 

レッスン内容・日時など詳細⇒「レッスンスケジュール」でご確認いただけます!

ご予約・お問合せ:

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5540b6b4484627

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中